A21 first main

初めての方にオススメの婚活パーティー・恋活イベント

「婚活パーティーに参加するのは初めて」
「どれに行ったらいいか悩む・・」

そんな方にオススメの婚活パーティーをご紹介します。

「結婚したい」気持ちは、どれくらい強い?

婚活している方々にお話を聞くと、「結婚したい度合い」や婚活への気持ちの強さで、どんな婚活サービスが向いているかが決まるように感じます。

そのため、まずは「結婚したい度合い」を4つに分けました。
あなたの「結婚したい度合い」や本気度に合わせて選んでみると良いでしょう。

「結婚したい度合い」から選ぶ

例えば真剣に探したい方には、1対1でしっかり話せる下記のような婚活パーティーがオススメです。「お見合いパーティー」とも呼ばれています。

相手も同じテンションになりやすい

「結婚したい度合い」は、同じ婚活パーティーに参加する「お相手の気持ち」と合わせるのも大事です。
真剣に結婚相手を探している方は「興味本位」の人と過ごすのを避けたいですし、「とりあえず」参加した人は相手が本気過ぎると引いてしまいがちです。

結婚したい度合いから選んでいくと、相手も同じテンションになりやすいため、きっと結婚に至るプロセスもスムーズに進むでしょう。

職業・年収から選ぶ

結婚となると、やはり相手の職業・年収は重要ですよね。
朝起きる時間や使えるお金など、生活スタイルは職業・年収に影響されやすいでしょう。

そこで、職業や年収について代表的なものをピックアップしました。
その他の希望もあると思いますが、「職業・年収も重要」だと考えている方は参考にしてみてください。

職業・年収から選ぶ

例えば、公務員・上場企業で高年収などがあります。

なお、年収・職業を確認しているかどうかについては、きちんと確認しているパーティーの方が少ないようです。
パーティーの詳細に「確認している」と記載がない場合は、条件に合わない人も参加していると思って、過度に期待しすぎないようにしましょう。

婚活か、恋活か

「婚活」以外に、「恋活」というジャンルがあります。
婚活に詳しくない人は、違いを区別しづらいようです。

「恋活」のパーティー・イベントは、結婚したいかどうかにかかわらず、彼氏・彼女を見つけたい人に向けたパーティー・イベントです。

基本的に「婚活」の主催者と「恋活」の主催者は分かれています。
しかし最近、婚活パーティー主催者の中でも「まずは恋活から」始められるパーティーを開催することが増えています。

例えば「結婚はしたい、でも出会いは自然な流れがいい」と考えているのであれば、恋活パーティーを対象に含めるのはアリでしょう。例えば恋活のパーティーには下記のようなものがあります。

趣味コン

恋活に近いジャンルの「趣味コン」も数多く開催されています。
あなたが恋活パーティー・イベントを参加対象にできるのであれば、趣味コンも加えてみましょう。
スポーツや料理など、趣味を通じて出会いながらいい人を見つけることができるかもしれません。

例えば下記のような趣味コンが開催されています。

趣味コンを探す

共通の趣味の婚活パーティー

「趣味コン」は実際に体を動かしますので、時間と体力を使います。
趣味でつながりたいけれど「運動や料理はしなくていい」と思うこともあるでしょう。

共通の趣味の知り合いと話したいのであれば、共通の話題をテーマにした婚活パーティー・恋活イベントを選びましょう。例えば「アニメ好き」や「旅行好き」など、幾つかのテーマで選ぶことができます。

例えば下記のようなテーマで開催されています。

旅行が好き

お酒が好き

子どもが好き

アニメが好き

実際に参加すると、必ずテーマに沿った人だけが集まる・・・わけではないようです。「接点が生まれやすいかも」くらいの気持ちで参加するのがいいかもしれません。

年代について

続いて、年代についてです。

婚活パーティー・恋活イベントには、対象年齢の記載があります。
自分が当てはまるかどうか、気になることも多いのでは?

女性の場合

ほとんどの婚活パーティーでは、女性は男性よりも若い年齢で設定されています。
おそらく男性が年下の女性を選ぶ傾向にあるためと思われます。

「まだ対象年齢に入る!」と思える婚活パーティーは、ちょっと嬉しくて申し込み候補になることも。
ただ、パーティーに設定された中間くらいの年齢で選ぶ方が、参加した会場で年齢のことを気にしないで済むかもしれません。
初めての婚活パーティーでは、年齢ギリギリのパーティーは避けることをオススメします。

男性の場合

男性は年齢よりも中身や仕事内容を見られる場合が多いようです。
年齢はあまり気にしすぎずに参加して良いでしょう。
その代わり、見た目はしっかり清潔感のあるもので、実年齢より若く見られやすいものを選んでいきましょう。

年の差

「年下がいい」「年上がいい」など年齢差にこだわりがある場合は、年齢差をチェックしましょう。
パーティーのタイトルか条件欄に記載されています。

結婚歴

最後に結婚歴についてです。

婚活している方々のお話では、本当にいろんな人が、それぞれの思いや状況のもと婚活していることが分かります。
その中には、一度結婚を経験している人もいます。

再婚理解

再婚の場合、子どもがいるかいないかは重要な違いかもしれません。
子どもがいないうちに離婚した場合は、特に相手に再婚を理解してもらう必要はないでしょう。

一方、子どもがいて離婚した場合などは、これから出会う相手にも理解してもらう必要があるでしょう。
もちろん通常の婚活パーティーに参加しても良いですが、「初めから理解してくれていた方がいい」という場合は、再婚理解のパーティーを検討してみましょう。

例えば下記のような婚活パーティーが開催されています。

再婚・バツイチの婚活パーティーを探す

シングルマザー

シングルマザーで結婚を希望する場合、その状況に相手が理解を示してくれるかはとても重要ですよね。
「通常の婚活パーティーに参加するのは気がひける・・・」のであれば、専用のパーティーがオススメです。

シングルマザー向けの婚活パーティーを探す

なお、最終的に良い人に出会うことが婚活パーティーに参加する目的ですので、過度にシングルマザーや再婚理解のパーティーにこだわりすぎる必要はありません。隠すことなく相手に知ってもらいながら話ができれば、その中には理解を示してくれる人が現れるかもしれません。


以上、初めての方に向けてご紹介しました。

2016.12.28 婚活カレンダー編集担当